ヒラソルニュース

ヒラソルニュース

TAKAKO スペイン 日記 (3)



グラナダ
グラナダ

グラナダ到着。

謎の休日の解明。。★

9月15日は...ディア デ フェスティ−ボ。

実はグラナダの守護聖人アングスティアの日でした。
前日から2日間にわたり市民が彼女に花束を捧げるため教会を訪れ、
ミサにあづかる。

2011-09-16

TAKAKO スペイン 日記 (2)

9月15日。

明け方うとうとしたせいで、6時に起きて荷物づくりの予定が
7時まで起きられず。。
9時アト−チャ駅発グラナダ行きに乗るまで
ご想像通りの焦りまくり:::
今、そのレンフェ(電車)の中〜
アンテケ−ラあたりを通過してます。  
 ほとんど窓から見える景色はオリ−ブ畑。ほぼ4時間でグラナダに到着。

そのグラナダに住む次女の典子の話によると今日は休日らしい!
それも急に決まっとの事!何の休日?後で調べよ。
せっかく朝、マドリッドを出てきたけど、ホントに休日ならどこも閉まっていて何も用が足せないかもね。続きは後でね〜
                             Hasta luego~




2011-09-16

TAKAKO スペイン 日記 (1)

9月13日。
夜マドリッドのホテルにたどり着く。やっぱり遠い。
日本時間の真夜中に着くので眠いを通り越して体は重く、頭もぼんやり。
早速、泥のように眠ったのに午前3時に目覚めてしまう。
ここから時差ボケとのお付き合いがはじまる…
朝ごはんまでの時間を来年の発表会の構想を考えて過す。
そしておいしいdesayuno(朝食)とシャワーで元気になり、Gallardoへ。マリベルとのつかの間の再会。
トマス達との再会。ファンブラボのクリニカ サンカミ−ロにて透析。
ここは2000年マドリッドのラガスカに住んでいた頃からずっとお世話になっている。
ドクトラゴタ。看護士マノロ。マルガ。ここにくると本当に嬉しい気分になりあっという間に4時間
透析が終わってしまう。その後数年前、上海で踊った時、透析室までついて来てくれた通訳のジェニちゃんと
彼女を紹介してくれたチャコットのおさむさんが私達の予想どおり結婚し、私達夫婦は結婚の証人として
再び上海とジェニの田舎にお祝いに行ったのだが、今ロンドンに住む彼らが今年生まれたかわいい男の子と
スペイン旅行中。
よく、うちの愛犬あもんと、散歩したレティ−ロ公園で再会。
その後テアトロカナルで、セシリアゴメスの公演をみる。
とても考えさせられる舞台だった。
その後、「ハナトモ」でら−めん。そうめん。ギョウザ。ほうれん草胡麻和え。なすみそ田楽。
ワカメときゅうりの酢の物。私は、和食と中華をスペインでも好んで食べてます!!

そういえば、カナルからレティ−ロまでメトロ(地下鉄)リニア2に乗ったらずいぶん車両が
明るくキレイになっていた。安全そうな感じ?だけどね。
テアトロカナルは最近できたらしい。
サラロハといって劇場内の装飾は赤でした。さすがスペイン!

今日こそちゃんと眠れますように。。との願いはホテルの下にあるディスコテカで明け方までさわぎまくる
エネルギッシュな方々のおかげでまたもやかなわず。
あの人達ホントにタフだなぁ〜。だからあんなふうにフラメンコ踊れるのかな〜。
そういえば、今日のセシリアはサラにそっくりな感じだったけど
やっぱりそれじゃあサラのコピーであって物足りない。

今あらためて Soy como soy 。

2011-09-13

クルシージョ開催

Manolo marin  クルシージョ

日時 : 2011年8月3日(水)〜5日(金)  2部制 

      1部 19:30〜20:30
      2部 20:30〜21:30 


マノロ先生のクルシージョ「タンゴ」を終えて。。

最後までおっしゃっていたのは、順番とか足が良く出来たね〜ではなく、
とにかく!! Que quieres decir?

何をしたいのか?
何が言いたいの?
あなたは何を表現して何を伝えたいか?

この言葉…3日間ず〜っとおっしゃっていました。


マノロ先生のお人柄とともに素晴らしい内容のクルシージョで
皆、大満足でお別れしました。

マノロ先生 また絶対!来てね〜〜★Muchas gracias!!!

           

2011-08-08

東北支援チャリティー

アントニオ・カナーレス y 小松原庸子先生!!
アントニオ・カナーレス y 小松原庸子先生!!
生徒からのお花も素敵!!!!
生徒からのお花も素敵!!!!

ANTONIO CANALES 東北支援チャリティーフラメンコ

この度はお忙しい中、お越し下さいまして、本当に有難うございました。
すごい!すごい!チャリティーコンサートになり、心から感謝しております。
カナーレスの被災地に届くような魂の踊り、こみ上げてくるような深い感動、熱いものを感じました。
この企画を進めていただいた小松原庸子先生には心から感謝しております。
また、庸子先生の恩師である、特別ゲストのマノロ マリン先生の登場で
会場はさらに盛り上がり,アーティスト全員によるブレリアで「ここは日本?」
と思わせるような終演・・・そしてスタンディングオベーション!!
本当に、ほんとうに幸せな瞬間でした。
そして、さらにサプライズ!!!!!  出口にて東北支援の義援金の呼びかけを なんと!カナーレスが先頭に立って
セビジャーナスを踊りながらのチャリティー。涙::::::  すごーいよっ!

最後に皆様からの義援金は集計中でございますが、またご報告を随時させていただきます。

2011-08-04

  • ヒラソルニュース
  • 無料体験いい汗流そう!
  • イベント情報
  • イベント依頼
  • フォト・ギャラリー
  • 生徒専用ページ
  • 中尾貴子フラメンコ後援会アニモ